札幌私設ソフトボールリーグ・ポケットリーグ

札幌私設ソフトボールリーグ・ポケットリーグ・リーグ概要

名称:
ポケットリーグ
   
設立年:
2009年
   
主催:
札幌私設ソフトボールリーグ・ポケットリーグ事務局 事務局長 水野 高弘(アミューズ工房・監督)
   
目的:
ソフトボール愛好者の交流の場と健康増進及びプレーを楽しみ、
北海道の短いソフトボールシーズンを楽しむこと。
   
参加資格:
ポケットリーグの主旨に賛同し、年間登録料を納めたチーム
   
リーグ期間:
毎年6月上旬から9月下旬
(但し、天候や他の大会開催などの事情でやむを得ない場合はこの限りでありません。)
   
試合場所:
札幌市近郊のグランドおよび公園、小学校等
(グランドルールは試合をする場所において、各チームが協議し、ルールを決定する。)
   
試合規則:
日本ソフトボール協会オフィシャルソフトボールルールに準ずる。
   
審判員:
招待審判および原則として試合待機チーム
   
試合球:
検定ゴム3号ボール(各チーム各節毎に最低1球の持ち寄り)
   
試合方法:
各チーム2試合総当り(勝ち点制)
   
試合時間:
時間無制限の5回戦
(但し、3回以降10点差はコールドゲームとする。
また、5回終了時に同点の場合は引き分けとし、延長は行わない。)
   
表彰:
チーム 優勝・準優勝・第3位・その他(各副賞あり) 個人 MVP・敢闘賞・その他(各副賞あり)
   
年間登録料:
6,000円(グランド使用料含む。)
なお、年間登録料は、参加チーム数及びグランド使用料等により随時見直しを行う。
   
その他:
リーグ運営等に関して補足内容がある場合は理事会及び代表者会議などで決定する。
   
業務協力:
アミュージングポケット
   
  ※リーグ概要および運営要項等に関する詳細については事務局までお問合わせ下さい。